• 新築戸建てをご希望の方はこちらをクリック
  • リフォームをご希望の方はこちらをクリック
ホーム > 太陽光発電

太陽光発電

太陽光発電システムについて

近年、地球温暖化の防止などの面、政府等からの補助金・助成金もあいまって導入が進んでおり、大規模なものだけでなく、一般家庭の屋根に設置するタイプも普及しています。
太陽光発電システムのメリットとして、”家庭・設備の光熱費削減” “二酸化炭素(CO2)排出量の低減” “他の発電設備と異なり、小規模で効率が低下しない”という面が挙げられ省エネ対策の一環として、一般家庭において、導入が進んでいます。
 

太陽光発電メーカーの選び方

現在、様々なメーカーから発売されている太陽光パネルですが、実はメーカーによって発電量も費用も違うんです。発電量が高い太陽光パネルが良いか、価格が安い太陽光パネルが良いのか・・・
現在のご状況に併せてお選び下さい。

東芝

東芝の太陽光システムは、モジュールを設置するセルに世界トップレベルの変換効率21.5%を実現した「単結晶型セル」を採用。
日中はもちろん、日射量が少ない朝や夕方でも発電できるため、一般的なシステムと比べて、より多くの電力を得ることができます。やはり高出力であるために目標とする発電量を得るために必要な枚数が少なくて済みます。

パナソニック

三洋の技術を取り入れた高い発電効率を誇る結晶ハイブリッド型パネル「HIT」とコンバクトなモジュールサイズと、
お手頃価格が魅力の多結晶シリコンタイプを揃えています。

長州産業

単結晶モジュールと多結晶モジュールをそれぞれラインナップ。
また、三洋の「HIT」をORM(相手先ブランドによる生産)で販売しています。

シャープ

多結晶シリコン系のモジュールでコスト性能のバランスには定評があります。
ルーフィット設計の三角モジュールで様々な屋根にあわせてきめ細かく設置できます。
また、モニターはwebモニタリングサーッビスに申し込むことで、電力モニタだけではなくパソコンなどのweb上から発電量、
売電量などを確認することが出来たり、データなどをダウンロードできたりとエコライフの管理には便利です。

京セラ

仕上がりの「かっこよさ」が特長。デザイン性、レイアウト性などを重視し、
屋根に無駄なく一体感があるデザインを求められる方にはオススメです。
モジュールは比較的こぶりなサイズとなるため、枚数は多くなりますが、屋根の外観を損なうこと無く、美しく仕上げます。

三菱電機

三菱といえば「パワコン」。太陽電池モジュールで発電した電力を御家庭で使えるように変換するパワーコンディショナー(変換装置)の電力変換効率はNo.1です。
モジュールでたっぷり発電した電気を、ロスを抑えてご家庭用の電力に変換できるのも、三菱ならではの強み。

補助金・助成金って何?

ある一定の条件を満たすと、太陽光発電システムの設置時に国や地方自治体から設置補助金が支給されます。
これで電気料金だけでなく、初期設置費用も抑えることができますので、設置時も設置後もお得に電気料金を削減が可能です。

一定の条件とは?

申込対象者として・・・
住居に太陽光発電システムを設置し、電力会社と売電ができる契約を結ぶ個人または法人(個人事業主、区分所有法に規定する管理者を含む)の方です。
※個人でお申し込みの方は排出削減事業への参加も必要です

対象となるシステムは?
◆10kW未満のシステム(メーカーからJ-PECに登録されたもの)
◆1kWあたり60万円以下

補助金の金額っていくらくらい?
太陽電池モジュールの公称最大出力
1kWあたり48,000円